みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

占いは本当に当るのか否か? photo by picjumbo

占いは本当に当るのか否か?

占いの歴史を調べてみると、日本でさえ古くは卑弥呼の時代からあったことがわかります。

それほど昔から日常的に行われている占いは、本当に当るものなのでしょうか?そもそも占いとはどうして生まれたのでしょうか?

日本の占いは卜占(ぼくせん)から始まっている

卑弥呼は亀の甲羅を使って占いをしていました。これはロジック的なものは一切使われておらず、その時の運次第で答えは変化します。いわゆる卜占というものです。

卜占は占う度に答えが変わってくるというもの。誰でも占うことができるのですが、時の権力者が行えばそれなりに意味のあるものだったのでしょう。

占いには卜占と命占がある?

卜占は占う度に答えが変わるものですが、命占と呼ばれるものは何度占っても答えが変わらない占いのことを指します。

これは基本的に統計学によって導き出されているものとされています。この生まれの人にはこういう人が多いということを調べていた人がいるんですね。ですから例えば、1月1日生まれの人はこういう性格というふうなことが書かれている本が売られているのでしょう。

結局占いは当たるのか?当たらないのか?

占いは当たる、当たらないではなく、基本的には迷っている心に道筋を示してあげるためのものです。周りの説得材料にも使っていたともいえるでしょう。自分の言葉だけでは民衆を動かせないから、「神もこのような答えを出したぞ」と言って人を動かすということです。

現在に至っては、小さなころから「A型はこんな性格~」「おとめ座はこういう性格~」というふうに周りが言うために、それが暗示となりその人の性格に影響を与えた結果、「占いって当たる!」というふうになってしまったとも考えられています。

コメント

関連の質問

  • 170
    きょうの占い信じる?
    信じる信じない良ければ信じる14
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 占いは本当に当るのか否か?