みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

妊娠中の食生活 photo by pixabay

妊娠中の食生活

妊娠中というのはいろいろと不安が多いもの。特に初めての妊娠だとなおさらですよね。

今までの生活が変わるというのもそうですが、「どのように変えなければいけないか」ということを知りたいと思う人も多いはず。そこで今回は妊娠中の生活に特に大きくかかわってくる「食生活」についてとりあげたいと思います。

厚生労働省が出す指針

厚生労働省の指針としては「加熱処理をしていないナチュラルチーズ」「肉や魚などのパテ」「生ハム」「スモークサーモン」などは避けるべきとしています。

これは、「リステリア菌」という菌類による食中毒の危険性が高いからです。冷蔵庫での保管や塩分を使っても死滅することが少なく、増殖してしまいます。

ちなみにこれらのリステリア菌は、十分に加熱することによって予防することが可能です。 出典:厚生労働省

意外や意外?!体によい「魚」にも警鐘が

魚には水銀も含まれているため、食べ過ぎもよくないと言われています。

水銀量の基準は、魚によって若干の差はあります。ただ、ミナミマグロの刺身は1人前で1週間に摂取できる量のうちの半分にも達します。金目鯛の焼き物などは、1切れで1週間にとって良い量を超えてしまいます。その場合は翌週で調整しましょう。

ただし、アジやサバ、イワシやサンマなどのような青魚は水銀量の心配なく食べられます。 出典:厚生労働省

医師ともしっかり相談をしよう

ここであげたのはほんの一例です。実際にはお酒やお肉・油などの点で疑問を持つ人もいるでしょう。

このような場合、産婦人科医にしっかりと相談することが大切です。産婦人科医でも見解は分かれますが、彼らは専門家。一人で悶々と悩むよりもずっと有意義なアドバイスをくれるはずです。

「できないこと」ではなく「できること」を見よう

妊娠をすると、食事や運動あるいは生活の制限などがかかってきます。そのため「あれもできない、これもできない!」とストレスを感じる人も多いかと思います。とても大変ですよね。

でも、そんなときは「できないこと」ではなく「できること」に目を向けてください。魚なら「食べられるもの」を探すなどです。そして、どうかストレスのない妊娠生活を送ってください。

コメント

関連の質問

  • 82
    妊娠中の食生活は気をつけてた?
    気をつけてた気をつけてない3
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 妊娠中の食生活