みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

今の近所付き合いの実態! photo by unsplash

今の近所付き合いの実態!

近所付き合い……昔は当たり前のように行っていましたが、今はほとんどの家庭が近所付き合いをしなくなったと言われています。

昔の日本は、誰が隣に近所に住んでいて、夕食のおすそ分けをしたり、調味料の貸し借りをしたり、子ども同士の交流があったり……。本当に現在はなくなってきているのでしょうか?

近所付き合いの本当!

とあるマーケティング会社が近所付き合いに関してアンケートを取っていました。その結果、やはり20代のほとんどが近所付き合いをせず、60代は近所付き合いを比較的積極的に行っていると出ました。

ただし全体で見ても、挨拶すらしない、そもそも隣が誰か知らないというのは10パーセント前後。昔ほど密な付き合いはしていないものの、挨拶はとりあえず若い世代でもしているようです。 出典:バルクのマーケティングリサーチサービス

どうして近所付き合いが減ったのか

それは人が忙しくなりすぎたということも揚げられるようです。労働時間が長くなると人はどうしても疲れてしまい、家に帰ったらもう寝るだけという人も多いのでしょう。

だから休日に外に出て近所の人と集まって何かをしよう、という意識が薄れがちなのかもしれません。

独身者が多いのも関係ある?

また、昔に比べて近所付き合いをしない理由の一つに、独身者が増えたからというのもあるようです。

家族で過ごしていると、必然的に周りとの付き合いが発生しがちなのですが、一人でいると近所付き合いをしない傾向にあります。結婚をすれば子どもが生まれて、子どもを近所の人に見守っていてほしいと思ったり、子どものために近所の噂には敏感でいる必要があったりします。

お年寄りがいる場合でも同じ。でも一人なら……。独身者が減れば、また日本でも近所づきあいが活発になるかもしれませんね。

コメント

関連の質問

  • 100
    近所付き合いはしてますか?
    してるしてないその他10
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 今の近所付き合いの実態!