みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

ストレスを溜めすぎると病気になってしまうというのは本当? photo by unsplash

ストレスを溜めすぎると病気になってしまうというのは本当?

現代社会を生きていくうえで、ストレスとは切っても切れないものになっています。

さらにストレスを放置していると、神経失調や心身症など心と体に何かしらのダメージを与える病気になってしまうことも、現在の医学では判明しています。

そんなストレスの種類や対処法について今回は紹介します。

ストレスを発生させるストレッサーは大きく分けると四つある?

一言でストレスと言っても様々なストレスが存在します。

主なものとして「物理的ストレッサー」温度や騒音によるストレス、「科学的ストレッサー」栄養不足や酸素が少ない場所に行った時の起こるストレス、「生物的ストレッサー」病気になったがためにかかる心理的ストレス、「精神的ストレッサー」人間関係のトラブルや、恋愛、怒り、不安、憎しみなどによるところからくるストレス。

ただ日常的に一番抱えているのは「精神的ストレッサー」ということがわかっています。

ストレスでどんな体の異常が現れるのか?

ストレスを与えられていても、初期の頃であれば日常生活を行っていてもさほど問題はありませんが、これが進行してくると日常生活さえできなくなる危険性があります。

例えばうつ病、不眠症、さらに心の病と言われているような「ピーターパンシンドローム」「無気力症候群」と言ったものにまでなってしまうのです。

ストレスを感じたらすぐにストレス解消法を実行すること

初期のストレスであればちょっとした気遣いで解消することができます。例えば半身浴をしたり、音楽鑑賞をしたり、睡眠時間を十分にとったりなど。そうすることで心身の緊張状態がほどけて、またストレスフリーな生活をすることができます。

ただし、過度なストレスになってしまった場合には、一人で抱え込まず誰かに相談したり、医師に相談して薬を処方してもらうのも一つの手です。

今の自分に合った解消法を探して、ストレスフリーな毎日を手に入れましょう。

コメント

関連の質問

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. ストレスを溜めすぎると病気になって...