みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

産院選びの前に確認!立ち合い出産のメリット&デメリット photo by pixabay

産院選びの前に確認!立ち合い出産のメリット&デメリット

妊娠発覚と同時に始まる、産院選び。しかし、初めての出産では、何を基準に産院を選んだらいいのかすら分からないのが本音ではないでしょうか?

そんな時に抑えておきたいのが、立ち合い出産の有無です。事前に夫婦でよく話し合い、安心して出産に臨めるように。2回の出産経験を持つ筆者の経験をもとに、立ち合い出産のメリット&デメリットをまとめてみました。

立ち合い出産のメリット

新たな生命誕生の瞬間、子どもが生まれる喜びを夫婦で共有できることが、立ち合い出産の最大のメリットです。

また、長引く陣痛など、リスクが伴う出産の場合は特に、夫が隣にいてくれるだけでも、妊婦にとっては心の支えになるものです。

立ち合い出産のデメリット

仮に無痛分娩を選択したとしても、痛みを全く感じずに終わることなんてほとんどムリな出産。そんな陣痛の痛みに苦しむ姿や、お産で力んだ顔など。

普段は見せたくないような自分を愛する夫に見られてしまうことが、立ち合い出産の最大のデメリットです。

立ち合い出産は夫婦でしっかり話し合うことが大切!

マイナビウーマンの調べによると、約6割の女性が立ち合い出産を希望していないそう。私も、初回の出産では立ち合いを希望しなかった一人ですが・・・拒否された夫は寂しさを否めなかった様子。

苦楽を共にすると決めた夫婦だからこそ、私が辛い時こそ支えになりたかったのが本音の夫。リベンジの2回目は念願の出産に立ち会い、今では以前にも増して子煩悩な育メンに成長。

出産は子どもを産む女性を中心に考えがちですが、二人の子どもだからこそ、出産方法も夫婦でしっかり話し合うことが大切です。出典:マイナビウーマン

コメント

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 産院選びの前に確認!立ち合い出産の...