みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

元カレと使ってたものはどうするの?処分に隠された女性の本音 photo by unsplash

元カレと使ってたものはどうするの?処分に隠された女性の本音

ある調査によると、付き合っている男女の間で、同棲していた元カレと使っていたベッドの処分を誰が行うのかが問題になっているそう。「処分=愛情のバロメーター」のように考えられている、この問題。果たして、ベッドを処分するだけで収まる問題なのでしょうか?

池袋・渋谷・新宿で男性50人を対象に行ったアンケート結果を基に、筆者目線で女性側の本音をご紹介します。

「彼氏が処分すべき」はおおむね賛成!

対象男性のうち84%の42人が、「新しい彼氏が払うべき」と回答。

これに対し、「ベッドを処分して欲しいなら、そう思っている本人が払うべき」なのが、筆者の意見。別れた相手が使っていたものであっても、ベッドに罪はナシ。

よって、仮に元カレと共有していた物であったとしても、使い続けることに特別な感情を持ち合わせていないのが、女性側の本音です。

「彼女が処分すべき」は完全に論外!

回答者の中で16%のみ、8人の男性は「彼女が支払うべき」と回答。

その背景には、男性側の「元カレへの嫉妬心」があるようですが・・・そんな疑いを持たれるくらいなら、その男性と付き合うのは面倒に思ってしまうのが筆者の意見。本気で愛してくれているなら、物になんて左右されずに気持ちを信じて欲しいのが、女性側の本音です。

問題にすべきは、相手の気持ち!

はなから疑ってかかれば何でも怪しく思えてしまうし、証拠が見つからなければ、隠していると疑心暗鬼になりがち。浮気は、疑い始めたらキリがないものです。

だからこそ、ベッドを誰が処分すべきかを問題にする以前に、付き合うと決めた以上は相手を信じることが大切。また、相手を信じられないなら、付き合わないこと。気持ちの矛先を物に向けるのは間違っていると思うのが、女性である筆者の意見です。出典:Menjoy!

コメント

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 元カレと使ってたものはどうするの?...