みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

これって本当?喧嘩は仲良しのもと? photo by pixabay

これって本当?喧嘩は仲良しのもと?

喧嘩をするほど仲がいいという言葉を聞きますよね。でも、実際に喧嘩をして、それが原因で関係がこじれてしまい、関係に亀裂が入るってことも・・・。喧嘩をする二人は本当に仲がいいと言えるのでしょうか?今回は「喧嘩」についてフォーカスしてみたいと思います。

仲の悪い二人の喧嘩の仕方

仲が悪い二人が喧嘩をする時、一度喧嘩をするととにかく長引きます。初めはAという物事で喧嘩をしていたにもかかわらず、気が付くとBやCといった他の話にも点火していき収集が付かなくなり、お互いにやもやした気持ちが残るという結果に。

これは、喧嘩に至るまでに小さな不満をため込んでいて、もう限界というところで爆発した結果の喧嘩。これをするのは、仲の悪い二人の特徴のようです。

仲のいい二人の喧嘩の仕方

一方、仲がいい二人の喧嘩は、Aのことで喧嘩をしていても、BやCに話が点火せず、終始Aだけで収まることができます。そして、一つの物ごとだけなので、解決することができお互いに謝って、その後はもやもやした気持ちも残りません。

これは、不満をため込まずに何かあるとすぐに喧嘩になるため、お互いにどうしたら分かり合えるのかということを前向きに考えている結果なのです。

仲良くなりたいなら

これまで仲の悪い二人の喧嘩の仕方しかしてこなかった人は溜め込まずに、不満があったときにはすぐにそれを声に出して喧嘩をしてしまいましょう。事象が起きた時にすぐに言えば、相手も「あぁ、この人はここで怒るのね」と分かってくれて、お互いの理解が進み仲のいい二人に変わっていけるかもしれませんよ。出典:exciteニュース

コメント

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. これって本当?喧嘩は仲良しのもと?