みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

ポジティブシンキングがイイ!ハッピーな生き方は女性に学ぼう photo by pixabay

ポジティブシンキングがイイ!ハッピーな生き方は女性に学ぼう

「泣いても一生、笑ろうても一生、ならば今生泣くまいぞ」かつて放送された日曜ドラマ「仁」にて、病床に伏した花魁が死ぬ前に詠んだ一句です。

この言葉には深い感銘を受けたものですが・・・このような考え方は、実は女性特有のものなのかも?嫌なことと楽しいことに対する感度に男女間で違いがあることが、科学的に立証されているようです。

嫌なことを忘れるのは女性の特性

人間の脳波を調べたところ、記憶に使用する脳領域が男女では異なるとの調査結果が明らかになったそう。女性の場合は楽しいことは右脳で、不快なことは左脳で記憶するのに対し、男性はその逆

これらの結果、女性は楽しい思い出の方が印象に残りやすく、嫌な出来事は忘れやすいと考えられているようです。

そもそも右脳と左脳の違いとは?

一般的に、左脳は論理的な思考や判断力を司り、右脳は直観的な想像力を司ると言われています。また、女性は右脳よりも左脳が発達し、男性は左脳よりも右脳が発達しているという説も。

これらの構造から、女性は左脳を使ってネガティブな情報をシャットアウト。その結果、右脳で感じたポジティブな情報が印象に残りやすいのではないかと推測されます

ポジティブシンキングisベスト!

嫌なことや辛いことばかりでは、楽しいはずの人生も真っ暗です。つまり、女性はより幸せになれるよう、脳で苦楽を選別し、ポジティブシンキングを心掛けている印象。

辛く悲しい悩みを抱えている男性は、女性に相談することで、明るく楽しい視野が広がるかもしれませんよ。出典:ロケットニュース24

コメント

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. ポジティブシンキングがイイ!ハッピ...