みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

知っておきたい。多重人格について photo by pixabay

知っておきたい。多重人格について

「多重人格」という言葉を聞いたことのない人はいないぐらいに、認知度の高い言葉だとは思います。ですが、実際には何が原因でそうなっているのか、どういう状況をそう呼ぶのかということまでは、知らない人も多いのではないでしょうか?

今回は多重人格についてお話ししたいと思います。

強いストレスは多重人格を生んでしまう!?

まず、多重人格者になってしまう理由として一般的なのは、自己否定をしてしまうようなストレスを感じた時です。親からの愛情を得られなくって今の自分が嫌いな人や、学生時代に強い否定を周りから受けたり、自分の殻に閉じこもって自己否定が強すぎたり・・・。

それによって、本来の自分が前に出るのを拒み、その人格を守るためにもうひとりの人格が育っていく可能性があるのです。

多重人格者の症状とは?

では、実際にはどんな症状が現れるのでしょうか?明らかにその人が行ったことなのに、全く覚えていなかったり、両親や友人に対して「あなたは誰?」と聞いてみたり、リストカットをしたり・・・といった行動にでます。

もちろん他の病気の症状の場合もあるので一概には言えませんが、多重人格者の可能性もあることを覚えておいてください。

多重人格者との生活

最後に、身近な人に多重人格者がいた時の接し方についてお話します。異常者扱いをしないこと、最後まできちんと話を聞いてあげること、すべての人格を平等に扱うことです。

そして決してしてはいけないのは、憶測で治療を試みない、トラウマがあると思い込んで接しない、興味本位で他の人格を呼び出そうとしないことです。医師免許もない一般の人に治療をすることはできません。

できることは、ただ他の人と同じように接することだけということを忘れないでくださいね。出典:ウィキペディア

コメント

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 知っておきたい。多重人格について