みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

学歴によって得られる生涯賃金の差 photo by pixabay

学歴によって得られる生涯賃金の差

就職活動において、「学歴フィルターが存在する」ということが、一時期とても話題になりました。

学歴によって入れる会社に違いはあるのでしょうか?また、「お金持ちになること」と「学歴」は関係があるのでしょうか?

「偏差値○○以上の大学のみ」としている企業は少ないけれど……

攻略が非常に難しい最難関の企業であっても、「偏差値○○以上の大学でなければいけない」というような明確な基準を、「採用情報」で打ち出している会社というのはほとんどありません。せいぜい、「大学院卒業以上」というようなくくりでしょう。

しかし、実際には、やはり高レベルの大学からとられることの方が多いと思われます。

なかには、英語で応募書類を書かせたり、非常に専門的で高度な内容を問うたりする企業も多く、明確な線引きはないにしても、「書類の段階で、(本人の能力が著しく高い、とかでもない限り)低レベルな大学出身者はフィルタリングされる」という現実はあります。

学歴によって年収には大きな差が

また、もう一つ、なかなかシビアなデータもあるので、こちらも紹介しておきましょう。

それが、「学歴別の生涯年収」です。

中卒の場合、生涯年収は1億4080万円です。高卒の場合は1億5775万円です。高専・短大卒の場合は1億7965万円です。大卒・大学院卒業以上になると、さらに差は大きくなり、2億2555万円となります。 出典:年収ガイド

学歴とお金の関係

上であげた生涯年収の差は、大学のレベルは考慮していません。

しかし、生涯年収の平均が2億を超えるのは大卒以上だということを考えれば、学歴とお金には明確な比例関係にある、と言えるでしょう。そして、その「お金を稼ぐ方法」は、就職先によって大きく左右されます。最終学歴は何か、学校のレベルはどうかによって、金銭的な豊かさは変わってきます。

もちろん、学歴がなければ絶対にお金持ちになれないということではありません。しかし、学歴がなくてもお金持ちになる方法を探し、それで成功することは、学問を積んで学歴をつけ、成功することよりもずっと難しいのです。

コメント

関連の質問

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 学歴によって得られる生涯賃金の差