みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

女性とご飯を食べに行くとき気にするべきは何? photo by pixabay

女性とご飯を食べに行くとき気にするべきは何?

デートはいつでも、胸が躍るものです。

まだ恋人になる前の段階でも、恋人になりたてでも、何年も付き合った恋人でも、子どもを預けての夫婦2人きりのデートでもそのどきどき感はかわりません。

しかし、そのように素敵なデートであるからこそ店選びは気を付けたいもの。

「食事を食べる側」の資格であるフードアナリストと、「食事を提供する側のプロデュースをする」資格であるフードコーディネーターの資格を持つ私がそれを解説します。

料理は目で食べる

料理の「おいしい!」を判断するのは何だと思いますか?

実は、ぱっと思いつく「舌」が判断できる割合は、1%~5%程度にすぎません。では、何をもって私たちは「おいしい」と感じているのでしょうか。

その答えは「目」にあります。

見た目は料理におけるもっとも大きなポイントです。なんと、「おいしい」のうちの8割がこの「目からの情報」によって占められているのです。嗅覚などはそれのずっと後です。

こだわるべきは風景

さらに驚くべきことをお伝えしましょう。

料理は目で食べるものですが、実は「料理の美しさ」はその視覚情報のうちの5%程度にすぎません。カトラリーなどが30%、そして色面積が65%近くを占めるのです。

つまり、私たちは食事をするとき実は「料理の味そのもの」ではなく、「周りの景色や食器」を食べているのです。 出典:フードコーディネーター教本3級試験対応テキスト P172~173[柴田書店]

このように考えていけば、女性を連れていくレストランの方向性がわかるのではないでしょうか。そう「風景がよく、店内のインテリアや食器のセンスに優れているところ」です。

また、ある程度のランクのレストランで、このようなことにこだわっているお店は味もよい傾向にあります。

「情報の付加価値」と「値段」の釣り合い

ときどき、「話題になったお店だからといって、おいしいとは限らない」「星がついたお店だからといって、おいしいとは限らない」という言葉を耳にします。

しかし、上でもあげたように私たちが「舌」で味わえる情報というのは、決して多くはありません。加えて、このような情報はそこのお店に対する期待を盛り上げ精神的な充足感を与えます。

もちろん、話題にならないけれども名店であるというお店は多いでしょう。しかし、情報によって付加価値がつけられることもまた事実なのです。

「雰囲気もいい、話題にもなっている、味もおいしい、そんなレストランは高い」と思う人もいるでしょう。
その場合、まずはランチに行ってみてください。ミシュランの星を獲得しているお店などでも、ランチなら1000円~3000円で味わえます。5000円もだせばフルコースを出してくれることも。

夜は高層階にあるバーなどでお酒を飲んでもいいですね。女性が喜んでくれる「雰囲気のよいお店」というのは、実は意外なほどリーズナブルなのです。

コメント

関連の質問

  • 188
    女性とご飯を食べに行くときに気にするのはどれ?
    値段雰囲気(個室など)4
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 女性とご飯を食べに行くとき気にする...