みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

男女の気持ち!デートの時の割り勘について photo by unsplash

男女の気持ち!デートの時の割り勘について

お互いに好意を寄せあってのデート。楽しいに決まっていますよね。でも、食事を終えてから、いざお勘定となるとお互いにちょっと戸惑ってしまうことってありませんか?

女性からすると、この人は奢る人なのかどうなのか、男性からすると、この人は奢られるのが当たり前と思っているのかどうなのか。微妙な駆け引きの瞬間があります。ですが、実際にはどう思っているのでしょうか?アンケート結果をもとにひも解いていきましょう。

割り勘が当たり前だと思っている人たち

アンケート結果によると、デートであっても割り勘でと思っているのは全体の43.7%という結果でした。これは、どのパターンよりも多く、約半数の人が割り勘でいいと思っているという結果を表しています。確かに、おごられるのが嫌だという女性も増えていますし、経済的に厳しいと思っている男性もいますものね。

割り勘の次に多いのは?

割り勘の次に多くの票を得たのが「男性7割、女性3割」という結果でした。厳密にはこの数字ではなくても、男性の方が少し多めに出すという人も含まれています。

パーセントで言うと、全体の33.7%。割り勘よりは少ない数字ですが、3人に11人がそう思っているということですね。その次に多かったのは、「男性が奢る」という結果。こちらは19%でした。

デートの時のお金は…。

男性がすべてを払うというのは、バブル時代の話。今は男女の給料にも昔ほどは差がなくなってきました。ただ、それでも男性の方が稼いでいる人がいるので、「男のプライド」として多くを出したがる人もいます。

女性も特別扱いをされるのが好きなので「奢られたい」が本音。ですが、男に奢ってもらう筋合いはないという女性もいるので、付き合った相手がどういう人なのかを見極める必要がありそうですね。出典:MERY

コメント

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 男女の気持ち!デートの時の割り勘について