みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

仕事につかえる!?リンゲルマン効果とは? photo by unsplash

仕事につかえる!?リンゲルマン効果とは?

部下が中々ちゃんと働いてくれない、うちの社員はサボってばかりでと頭を悩ませる上司や経営者は多くいることでしょう。ですがそれは、本当に人の問題なのでしょうか?

世の中には「リンゲルマン効果」と言うのがあり、人が自分の力を100%出し切らない習性を教えてくれています。今回はこのリンゲルマン効果に焦点を当ててみましょう。

リンゲルマン効果とは?

この言葉を聞いたことのない人も多くいるかもしれませんね。意味としては、人は集団になればなるほど、自分の力を発揮しなくなるというものです。他にも同じことをしている人がいるのだから、きっと他の人が頑張ってくれるだろうという甘えが出てしまうのです。

部下や社員を上手に使うには?

みんなで1つのことを達成しろと言ってしまうと、リンゲルマン効果で1人当たりの生産力は減ってしまいます。ですが、この仕事はAさんが、この仕事はBさんがと完全に一人の人に割り振ると、途端にその人はこれまでにないほどの生産能力を発揮するでしょう。

仕事ができないのではなく、ただしていなかっただけということがわかります。

リンゲルマン効果を有効活用する

何でもかんでも分担できればいいのですが、そうはいかない時もありますよね。そういう時は、司令塔となる人が「今日はこのことをやって」と一つの案件でもさらにタスクを細分化して指示してあげればいいのです。

そうすることで、指示を仰いでいる方も、今何をしたらいいのかがはっきりとし、自分のできることを精一杯してくれるでしょう。

コメント

  • リンゲルマン効果、知りませんでした。

    1 BJ8tBhttyE[2016/02/03 18:07]女性・40代
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 仕事につかえる!?リンゲルマン効果とは?