みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

ケチと節約&倹約の違いとは? photo by pixabay

ケチと節約&倹約の違いとは?

みなさんは「ケチ」な人へのイメージと、「節約家」「倹約家」のイメージって違いますか?ケチと言われると、何となくマイナスなイメージが付きまとっていますよね。

でも同じことをしているはずなのに「節約家」「倹約家」と言われると頭の良い人と思われるのはなぜなのでしょうか?この違いに迫ってみましょう。

ケチってどういう人?

ケチな人と言われると、どういう人を思い浮かべますか?おそらく他人に対してお金を一切出さない人ではないでしょうか?誰かに奢ることをほとんどせず、たまに奢ったとしても安いものしか奢らない。

基本的にお金を稼いでいるのにという枕詞がつくので、稼いでいない人は「ケチ」にはなりようがないともいえます。…ちょっと寂しい気もしますが。

節約と倹約の違い

ケチのイメージとは違うものの、節約と倹約は一緒くたにされてしまいがちですが、この二つも全く意味が違います。簡単なのは「倹約」。

倹約は無駄遣いをなるべくしないようにすることを指していますが、節約はそれだけではありません。節約は無駄遣いをせず、さらにこれまでの自分の生活を見直してカットできるものを探すという行為が含まれています。そのため、本気で節約をすればお金は溜まるはずなのです。

ケチと「節約」「倹約」の違い

最後にマイナスイメージの「ケチ」とプラスイメージの「節約」「倹約」について考えてみましょう。ケチは先ほども言った通り、人のためにお金を使うことを渋る人です。

ですが、節約や倹約をしている人は、自分の生活に対してお金を使うのを控えますが、他人に対しては気前よく出すところがあります。節約家、倹約家はあくまで自分に対して厳しくする行為だからこそ、周りから尊敬されるのでしょう。出典:マイナビウーマン

コメント

関連の質問

  • 51
    ケチと節約の境目ってどこからだと思いますか?
    お菓子の我慢お酒の我慢4
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. ケチと節約&倹約の違いとは?