みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

[女性版]結婚式のお呼ばれ服とは?マナーと注意点をおさらい photo by unsplash

[女性版]結婚式のお呼ばれ服とは?マナーと注意点をおさらい

結婚式に招待された際、女性はどのような服装で行けばいいのでしょうか?フォーマルは“ブラック”というイメージですが、黒のタイツははいてもいいのでしょうか?

新郎・新婦に不義理とならないように、女性ゲストの服装として守るべきマナーと注意点をおさらいしましょう。

結婚式の女性ゲストとしてふさわしい服装とは?

結婚式にはフォーマルウェアがふさわしいとされ、フォーマルウェアとは礼服を意味します。礼服とは冠婚葬祭の儀式典礼の際に着用する服装のことで、結婚式の女性ゲストとしては、色留袖、振袖、カクテルドレスなどが該当します。

結婚式でのブラックコーデは要注意です

ブラックはフォーマルカラーの一つですが、結婚式では不祝儀を連想させるため、全身が黒色にならないよう注意が必要です。ドレスをブラックにする場合は、ストッキングに黒色を合わせないこと。

逆に黒色のストッキングを履く場合は、着用するドレスに華やかなカラーを合わせることが大切です。ちなみに、ストッキングは透け感のある薄手タイプを選ぶことがポイント。寒いからといって、真っ黒な厚手のタイツを合わせないように気を付けましょう。

結婚式にはパンプスを履いて行きましょう

オープントゥ(つま先の開いた靴)は縁起が悪いとされているので、結婚式ではサンダルやミュールを絶対に履いてはいけません。また、ブーツも礼服にはふさわしくないので、ドレスに合わせる靴はパンプスを選ぶようにしましょう。

ちなみに、露出度過多もお祝いの場にはふさわしくありません。足元は素足ではなく、前述のポイントに気を付けてストッキングを履くようにしてくださいね。

コメント

関連の質問

  • 67
    結婚式の参列の時、黒いストッキングはよいのでしょうか?
    ありなし3
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. [女性版]結婚式のお呼ばれ服とは?...