みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

自炊する?それともしない?あなたの夕飯はどんなスタイル? photo by pixabay

自炊する?それともしない?あなたの夕飯はどんなスタイル?

「自炊をするのかしないのか」というのは、よく議論にのぼるところです。そのため、それらについて聞いたデータというのはたくさんあります。今回は、これについてみていきましょう。

データによって差があるけれど・・・

データによって若干の差はあるものの、「一人暮らしの自炊率」というのは半数を超えないと考えられています。

20歳~29歳を対象としてとったアンケートでは、「ほぼ毎日自炊をする」と答えた人の割合は35.4%でした。対して、20代~40代を対象としたデータでは、46%となっています。

アンケートの取り方も違うので一概には言えませんが、どちらのデータでも半数を超えていない、という点では共通しています。ちなみに、どちらのデータでも、「年をとるごとに、自炊率は減っていく」という特徴がありました。

責任のある立場になり、残業などが多くなることが関係しているのかもしれません。

明暗を分ける「既婚か、否か」

上で紹介したデータは、「一人暮らし」の人だけのものです。しかし、これが、「既婚者も対象とする」とした場合、その方向性は大きく変わることになります。

もう一つ、別のデータでも、「日常的に自炊をする」と答えた人は、独身者では34.7%でした。対して既婚者の場合は、53.3%と、5割を超えます。既婚者の場合、「普段はしない」と答えた人の割合はわずか26.8%にすぎません。

また、既婚女性の場合、94%近くの人が、「日常的にする」と答えています。

自炊のメリット、デメリット

データによって大きな開きはあるものの、独身者の方が既婚者より料理をしない、ということは共通しています。現在は外食産業も充実しており、中食文化も発展しているため、自炊をそれほどしなくても生活ができます。

自炊は慣れていなければ時間がかかりますし、材料が無駄になってしまうこともあります。しかしながら、外で食べるよりは格段に安上がりですし、料理の腕を磨くこともできます。忙しいときは無理をしなくてもよいですが、貯蓄をしたい、ということであれば、自炊に切り替えることをおすすめします。出典:ZOUJIRUSHI TYPE GarbageNEWS

コメント

関連の質問

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 自炊する?それともしない?あなたの...