みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

知っておきたい!盗撮の境界線は? photo by pixabay

知っておきたい!盗撮の境界線は?

「盗撮」と聞いても、自分とは無関係と思う人が多いのではないでしょうか?(もし、自分のことだと思った人がいるならすぐに出頭してください)盗撮に対する考え方が、実は昔と今では変わってきているのを知っていたでしょうか?

もしかすると、知らず知らずのうちに盗撮をしているかもしれませんよ。

昔の盗撮の基準とは

裸体の状態を本人の確認なしに撮影することでした。例えば、銭湯の女湯を覗いて撮影したり、女子更衣室を覗いてこっそりと写真を撮ったり。

あとは、スカートの下にカメラを忍ばせて写真を撮ったり・・・。ここまでが皆さんの知っている盗撮じゃないでしょうか?

現在の盗撮は服の上から撮っても有罪になる?

ですが、現在は服を着ている状態の他人をとっても盗撮扱いになり有罪になった人がいます。

例えば同じ人のお尻を追いかけて撮り続けたり、撮られた本人が不愉快に思うような場所を撮られるとそれだけで盗撮になってしまうのです。

昔よりも盗撮と判断されるのが厳しくなったわけ

昔は写真を撮るとなると、カメラを使っていましたが、今はスマホで簡単に写真を撮れるようになりました。しかも、シャッター音を消すアプリまで開発されており、様々な写真が撮りやすくなってしまったのです。

だからこそ軽犯罪として取り締まる盗撮が厳しくなったようです。ただ、今はまだきちんとした線引きをしていませんが、近いうちに何を撮ったら盗撮かということも明確になるでしょう。

コメント

関連の質問

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 知っておきたい!盗撮の境界線は?