みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

お正月の風物詩、おせちの歴史と言われについて photo by shinyasuzuki

お正月の風物詩、おせちの歴史と言われについて

新しい年を寿ぐ際に、必ずといっていいほど現れるのが「おせち」です。その家庭、その過程の独自性も出る、おせち。このおせちには、長い歴史とさまざまな言われ、そして意味があります。

今回は、この「おせち」についてお話していくことにしましょう。

おせちの歴史について

おせちの歴史は、奈良時代にまでさかのぼれるといいます。節目となる日を「節日」といっていたのですが、このときにふるまわれる宮廷料理がその発端であると言われています。

このようにして、「宮廷料理」としてできたおせちですが、江戸時代にはすでに一般にも浸透していたと言われており、それが現在の形につながっていると言われています。なお、現在のように、「重箱」に入るようになったのは江戸時代からです。

おせち、その由来について

おせちに入っているものは、それぞれ意味があります。

「芽が出るように」という願いが込められたくわい。長いひげと曲がった腰から、「長寿」を思わせるエビ。名前からしてわかりやすい、子孫繁栄を願って入れられるカズノコ。黒豆には、「まめまめしく働く」という意味が。たづくりは、「田作り」からきています。

お好きな人も多い栗きんとんは、その姿から、財宝(金)を連想させるとして重宝されています。また、紅白かまぼこやナマスは、おめでたい日の「紅白」に由来しています。現在はかまぼこに、松竹梅の絵柄を入れたものなどもありますね。

おせちを食べる、作る、ということ

また、おせちには、「普段忙しい女性たちが、正月だけでも休めるように」という願いも込められています。そのため、砂糖や酢といった、「腐敗」に強いものがふんだんに盛り込まれ、保存がきくようになっているのです。

今は冷蔵庫がありますが、昔は物の保管にはこのような調味料がかかせませんでした。現在では、おせちも、「家で作る」という方法だけでなく、「買う」という方法も一般的になってきました。しかし、家で作る、「我が家のおせち」というのも格別なもの。家の味、を受け継がせるのもよいのではないでしょうか。出典:Oisix

コメント

関連の質問

  • 111
    おせち料理は…
    作る買う用意しない3
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. お正月の風物詩、おせちの歴史と言わ...