みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

男性・女性はどっちが得?男女の不公平解消の解決策とは? photo by unsplash

男性・女性はどっちが得?男女の不公平解消の解決策とは?

男性は少し育児をするだけで"イクメン"ともてはやされるのに対し、女性の育児はやって当たり前が現実。"女性の社会進出"が社会的に推し進められるようになってきたとは言え、まだそれは一部に過ぎず、一般的に浸透しているとは言えないのが実情ではないでしょうか?

女性目線で男女の不公平と損得を実態検証し、解決策を検討してみました。

世の中は女性に対して不公平なのでしょうか?

日経ウーマンオンラインが20歳から69歳までの男女864人に対して行ったアンケートによると、「世の中、女性に対して不公平」と感じている女性は56.1%おり、半数を上回る結果となっています。

その中で特に不公平と感じられた面として『家事』『仕事』『育児』などがあげられており、女性が感じる不公平は、結婚後に顕著に見られるという調査結果が出ています。

女性は男性よりも不公平だと言えるのでしょうか?

同アンケートで同じく男性に対しても調査したところ、「世の中、男性に対して不公平」と感じている男性は53.1%と女性同様に半数を上回っています。

また、男性は『仕事』『サービス面』『社会的役割』などにおいて主に不公平を感じているという結果となっています。つまり、男性にも内容は違えど同程度の負担はかかっており、一概に女性にだけ不公平な世の中であるとは言えないと考えられます。

ちなみに、男性が不公平だと感じている内容は、結婚に左右されているとは限りません。よって、社会的なプレッシャーを常に感じているという面ではむしろ、男性は女性よりも見えない負担が多いのではないかとも憶測されます。

お互いが得意な分野で役割分担し、協力し合うのがベスト!

不公平解消の一手として、仮に女性があげている『家事』『仕事』『育児』を男性と交代した場合、どのような結果になるでしょうか?

『家事』や『仕事』は努力次第で調整がきくとしても、育児はどうでしょう?出産は男性には出来ませんし、母乳を出すことも男性には不可能です。

よって、損得勘定抜きで、それぞれが構造的に持って生まれた役割に応じて分担し、協力し合うことが大切であると考えられます。また、それらをバックアップする社会のインフラ整備こそ、男女の不公平解消の解決策に不可欠なのではないかと考えられます。出典:日経ウーマンオンライン

コメント

関連の質問

  • 76
    女性に生まれたら得だと思う?損だと思う?
    どちらでもない4
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 男性・女性はどっちが得?男女の不公...