みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

どう飲む、どう楽しむ?カルピスの飲み方について photo by pixabay

どう飲む、どう楽しむ?カルピスの飲み方について

「初めての恋の味」ということで打ち出された、あまりにも有名な飲み物であるカルピス。このような打ち出され方をしたのは、実に95年前、1920年のことでした。100年近い歴史を経た今でも、カルピスの味の代名詞となっているのはすごいことですよね。

国内で初となる乳酸菌飲料として、1919年に登場したカルピス。それだけの長い歴史を持つカルピスには、さまざまな楽しみ方があります。 出典:カルピスカフェ

おいしい飲み方、実にさまざま!カルピスの使い方

カルピスの作り方で基本となるのは、カルピス15cc程度を60~75cc程度で希釈する、というもの。この作り方が基本です。しかしカルピスの「希釈度」には、これといった決まりがあるわけではありません。この割り方で、「味がきついな」と思えばもっと多くの水を使えばいいわけですし、味が薄いと感じれば少な目の水で割ればいいわけです。

また、カルピスは、牛乳などと割ってもおいしく飲むことができます。牛乳の場合は、カルピス15ccに対して、75~90cc程度で割るのがよいとされています。 出典:カルピスカフェ

子どものためだけじゃない!大人でも楽しめる

居酒屋に行ったことのある人なら、「カルピスのチューハイ」などを目にすることもあったのではないでしょうか。お酒と割っても相性がよく、大変なじみます。もっとも簡単なものは、カルピスのサワーであり、カルピスと焼酎を1:2で割り、炭酸水を注ぎます。これで完成です。

ちょっと変わったものを、ということであれば、ブルーベリーとラムのカクテルなどもよいでしょう。ブルーベリー、氷、カルピス、ラム酒をミキザーにかけて作るものであり、とても美しい紫色が楽しめます。

それ以外にも、ビールや梅酒、あるいは白ワインなどを使ったものもあります。 出典:カルピスカフェ

1本あれば大変便利、デザート作りなどにも大活躍

カルピスは子どもにも大人にも人気の高い飲み物です。また、飲み物以外にも、デザートなどにも使うことができます。加えて比較的安価であり、どこでも買えるのも大きな魅力の一つでしょう。1本を冷蔵庫に入れておくと、急な来客のときにでも慌てずにすみます。

100年近くの歴史を経て、今なお、根強い人気を誇るカルピス。その魅力は決して色あせることなく、むしろますます輝いていっていると言えます。現在は、みかん味やナシ味、キウイ味といった新商品もたくさん開発されています。このようなものにチャレンジしてみるのも一興ですね。

コメント

関連の質問

  • 51
    カルピスは濃いのと薄いのどちらが好きですか?
    濃い薄いその他4
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. どう飲む、どう楽しむ?カルピスの飲...