みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

意外と知らない!?日焼け止めの常識 photo by picjumbo

意外と知らない!?日焼け止めの常識

日焼けしたくないから日焼け止めを塗るという人は増えてきていますが、実際日焼け止めのことをどの程度知っているのかというと、意外と知らない人が多いようです。あなたは「SPF」「PA+」「塗り直しのタイミング」を正しく知っていますか?今回は正しい日焼け止めの常識を見ていきましょう。

日焼け止めに記載されている「SPF」の本当

日焼け止めと言うと必ず表記されているのが「SPF」ですよね。これはサン・プロテクション・ファクターの略で、どれだけの時間紫外線をカットできるのかの時間を示すものです。SPFはそれだけで20分間紫外線をカットすることができます。なので「SPF20」と書かれていたなら、20分×20=400分=6時間40分となるのです。

日焼け止めに記載されている「PA+」の本当

次に気になる表記は「PA+」ですよね。これは何となく予想がついている人も多いのではないでしょうか。プロテクション・グレイド・オブ・UVAの略で、紫外線A波の防止効果を示すもので、「+」「++++」までの四段階あります。ちょっと買い物に行くぐらいであれば「++」で十分。

日焼け止めはどれくらいの頻度で塗りなおすもの?

日焼け止めの表記を見て「SPF20」と書かれているから、6時間以上は放置していても大丈夫、なんて思っていませんよね?きちんと塗られた状態であれば効果はありますが、汗をかけば日焼け止めは流れてしまいます。

効果を実感したいなら2~3時間で塗りなおすのがベスト。これで日焼け止めの知識はばっちりですね!正しい知識で、日焼け止めを正しく使いこなしましょう。

コメント

関連の質問

  • 38
    日焼け止め塗ってますか?
    はいいいえ条件による6
  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 意外と知らない!?日焼け止めの常識