みんなに聞いて
みんなで答える
SUKIMACO

  • 新しいお知らせはありません。

自炊とコンビニ・惣菜について photo by pixabay

自炊とコンビニ・惣菜について

「自炊とコンビニなどの惣菜どちらがオトクか?」というのは、しばしば出される議論です。今回はこれについてみていきましょう。

(なお、以下は、「一人暮らしをしている独身者であり、フルタイムで働いているもしくは学生である」という状況を想定しています)

コンビニを単純計算する

「コンビニでの買い食い」を想定しましょう。お店や商品にもよりますが、だいたい600キロカロリー前後をとると計算すると、サンドイッチ1個とおにぎり1個加えて飲み物という形になるでしょう。

これの合計金額は、おそらく500円前後だと思われます。単純計算をして1か月で45000円程度です。

自炊を単純計算する

自炊の場合、もう少し計算は複雑です。それぞれの食材の金額があるからです。まず、「おにぎり」についてですが、「シーチキンおにぎりで、かつ0.3合程度のお米を使う」と仮定しましょう。シーチキンの缶が1缶100円とし、その3分の1を使うと想定します。米10キロが4000円だとすると、0.3合の場合は21.6円。合計で55円くらいでしょうか。

サンドイッチは、卵とチーズのサンドイッチと過程します。パンは100円の6枚切りのパンを1枚半、卵(10個で200円)の使用量は1個、そしてチーズは7枚入りで200円でありそのうちの1枚を使うとします。そうすると、74円程度です。

お茶は、50パックで200円程度のもの、1パックで1リットル~2リットル程度とれますから、これの半分と仮定します。そうすると、2円程度です。

合計すると、97.6円。1か月で8784円となります。

光熱費などを計算にいれても圧倒的に自炊がトク!

「自炊の場合は、光熱費とガス代がかかるから、この比較は公平ではない」と思われる人もいるでしょう。

しかし、500人を対象としたアンケートでは「電気やガスなどの公共料金をあわせた支払額は10000円程度」という結果が出ています。これを借りにそのままそっくり上乗せしても、自炊の方が圧倒的に安いということがわかります。 出典:マイナビ スチューデント

「時間的ロス」を考える

ただし、自炊をすることは、コンビニなどで買うよりもはるかに時間がかかります。また、社会人で非常に忙しい人の場合、「時間をお金で買って、ゆっくり休むこと」の方が結果的に有意義であることもあります。また、自炊の場合、物を腐らせるリスクがあるのも悩み。

このようなことを考えていくと、「基本は自炊にして、疲れた時はコンビニなどに頼る」という方法がいいのかもしれませんね。

コメント

関連の質問

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 自炊とコンビニ・惣菜について